【もはや常識】不正接続防止システムでスマートな通信判断の実行

IT

初期段階で食い止める

 technology

不正接続防止システムを利用すると登録デバイス以外の接続を低レベルで防止することが出来ます。不正が見つかればセッションを切ることができ、通信そのものを拒否することが出来るようになります。

Read More...

アプライアンスが魅力

technology

セキュリティー対策はソフトウェアタイプと物理的なタイプに分けることができ、不正接続防止システム等低レベルでの対策では物理的なタイプと親和性が高いです。アプライアンスという形で販売と開発がされています。

Read More...

選び方

technology

不正接続防止システムを導入する時はモデル選びをする必要があります。MACアドレスの登録件数やセグメント数などがあり、システムに合ったアプライアンス選びをすることが大切です。価格が高い分レンタル利用するのも良いでしょう。

Read More...

自動認識が優秀

technology

オフィスにおいて使用しているPCやデバイスなどのセキュリティー対策を施すのは当たり前ですが、それだけでは足りないという状況が最近になって問題視されています。オフィス等では様々なデバイスがありますが、想定外のデバイスが持ち込まれることが有ります。その代表的なものとしてスマートフォンなどのモバイルデバイスがあります。スマートフォンがまだ登場していないガラケー時代の頃はガラケー自体がその名の通りガラパゴス状態で、デバイス的な制限が高い状態で使用されていました。そのためガラケーがウイルスに感染するという事例は少なく、ガラケーのウイルス感染による二次被害はそれほど問題視されていませんでした。またガラケーの頃はネットワーク通信がキャリア回線に限られていたというのも特徴で、ウイルスに感染した所で逃げる場所が物理的に存在しませんでした。しかし時代が進みガラケーからスマートフォンに移行するとセキュリティ事情は一変します。PCと同等レベルのOSが搭載され、汎用性が高まったことでウイルスに感染するという事例も多くなり、またWiFiなどの通信手段をデフォルトで搭載しているため二次被害が起こる可能性が現実的に高まってきました。オフィスでは当然ながらWiFiなどの通信環境があり、通信経路の先には中枢となるシステムが存在しています。これらシステムがウイルスに感染したスマートフォンによって被害が生じれば大きな問題になってしまいます。こういったセキュリティーリスクを対策する方法として最近話題なのが不正接続防止システムです。アプライアンス形式で導入し、予め登録していたデバイスのみ通信を許可する仕組みになっています。そのため許可していない社員個人のスマートフォンが通信をすることは出来ず、ウイルスによる二次被害を最小限に抑えることが出来るようになりました。不正接続防止システムの魅力として自動認識が有ります。特定環境においてネットワーク通信を行なうであろうデバイスの情報をリアルタイムで収集することができ、ネットワーク基本台帳を作成することが出来ます。例えもしウイルスによって二次被害が起きたとしても通信したデバイスがモニタリングされているため、後々のトレース作業が非常に容易になります。また予めセキュリティレベルを設定し、別ツールと連携することでセキュリティーインシデントを予測し、被害が生じた時の切り離しやソフトウェアによるウイルス削除などがしやすくなります。